Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows」を提供開始した。

同製品は、エンドポイント向けのセキュリティ対策製品。新版では、クライアント端末に提供されていた脆弱性攻撃対策や、振ふるまい検知、改ざんされたシステムを復旧する修復エンジンなどの機能をサーバでも利用することが可能となった。さらにランサムウェア対策として共有フォルダの暗号化を防止する機能を追加している。

クラウドシステム「Kaspersky Security Network」を併用するクラウドモードを追加。またエンドポイントのログを収集、分析して異常を検知する「Kaspersky Endpoint Detection and Response」のエージェントを実装しており、同製品利用時に別途エージェントを追加することなく利用できる。

価格は、最小構成の10ライセンスで3万4992円から。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee