Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで

東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行が合併し、5月1日より営業を開始したきらぼし銀行において一時障害が発生した。

同行では、合併後も当面の間、「旧東京都民銀行、旧新銀行東京」のシステムと、「旧八千代銀行」のシステムが並存させるとしているが、合併初日となる5月1日に旧八千代銀行のシステムで障害が発生したもの。

他金融機関から旧八千代銀行の口座に対する口座振込で遅延が発生し、約1万6000件に影響が出たという。すでに障害は解消しており、遅延が生じた入金手続は完了している。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会