Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員約24万件のアカウント情報が外部データと一致 - プレミアム・アウトレット

三菱地所・サイモンが運営する「プレミアム・アウトレット」の顧客情報が外部流出した可能性がある問題で、約24万件のアカウント情報が一致していることがわかった。

同社では、同社発行のメールマガジン「ショッパークラブ」を購読する一部会員のメールアドレスやログインパスワードが、外部に流出した可能性があることを4月7日に公表。その後の調査で、同社が保有する顧客のアカウント情報と外部の情報が一致していることを確認したという。

具体的には、約24万件のメールアドレスおよびログインパスワードが一致。また約3万件に関しては、メールアドレスのみ一致していたという。原因は現時点でわかっておらず、引き続き調査を行っている。

同社では、データベースを保存しているサーバをインターネットから遮断。同サービスの新規会員登録やログインを停止する措置を継続している。また、対象となる会員にはメールで案内を実施。パスワードを他サービスで使い回している場合は、変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プロモーション情報サイトで顧客情報流出の可能性 - 電通グループ会社
案内メール誤送信でメルマガ登録者のメアド流出 - 鹿児島市
婚活サポートセンターでメール誤送信、謝罪時にもミス - かすみがうら市
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構