Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童名簿を紛失、5カ月後の匿名通報で発覚 - 千葉市

20180411_ch_001.jpg

千葉市教育委員会は、市内の小学校において児童と保護者などの個人情報含む名簿が所在不明になっていることを明らかにした。同校では10月に紛失へ気付いたものの報告しておらず、5カ月後の通報により発覚したという。

同市教委によれば、2017年10月16日、市内の小学校において、所定の場所に保管していた児童名簿がなくなっていることに気が付いたという。校内で捜索したが発見されていない。

所在がわからなくなっている名簿には、在籍する児童476人とその保護者926人、災害時引取り者430人、ことばの教育通級児童9人とその保護者9人の合計1850人分の個人情報が記載されていた。氏名や住所、電話番号、緊急連絡先の電話番号、兄弟の氏名と学年、クラス、災害時引取者の氏名と続柄などが含まれる。

同校では紛失の事実について、同市教委では報告を受けておらず、3月23日に匿名の通報が寄せられ、紛失の事実を把握したという。同校では、対象となる児童に対し、4月の始業式で説明と謝罪を行うほか、保護者には、説明会で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性