Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ

Avastは、プライバシー保護機能を搭載したブラウザ「Avast Secure Browser」をリリースした。

同ブラウザは、従来「SafeZone Browser」の名称で提供してきたブラウザ製品のアップデート版。旧版の利用者や、特定の条件を満たした同社のセキュリティ対策製品の新規ユーザーに提供する。

オープンソースの「Chromium」をベースに開発しており、パスワードやクレジットカード番号などの盗難を防ぐバンクモードを搭載。ウェブサイトによるユーザーの追跡を阻止するアンチトラッキング機能などを備えている。

そのほか、悪意ある広告のブロック機能をはじめ、不要なアドオンやプラグインをブロックする拡張機能ガード、URLのスキャン、パスワード管理といった機能も用意した。

対応OSはWindows。2018年内にiOSとAndroid向けのモバイル版を提供する予定。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業