Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
Oracle、「Java SE」の脆弱性5件を修正 - 「同7」の延長サポートが終了
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
「Windows 8.1」のサポート終了まで約半年 - 「同7」「WS 2008」のESUも終了へ
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金