Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了

マイクロソフトのセキュリティ更新情報などをメールで通知する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了した。

同サービスでは、「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで提供していたが、同社のメール配信システムで1月19日に障害が発生。配信システムが復旧次第、再開するとしていたが、サービスの終了が発表された。

同社では、英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」を通じて、引き続きセキュリティ更新プログラムの公開、更新情報を配信していくと説明。また同社のセキュリティ情報に関しては、ウェブサイトの「セキュリティTechCenter」からも参照することができる。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
「CentOS 8」利用者向けに独自のサポートサービス - サイバートラスト
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了