Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ

20180403_cs_001.jpg
中小企業でのIT利活用によるテレワーク実現に向けたガイドライン(在宅勤務編)

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「中小企業でのIT利活用によるテレワーク実現に向けたガイドライン(在宅勤務編)」を取りまとめた。

同ガイドラインは、安全なテレワークを実現するためのセキュリティポリシーについて取りまとめたもの。会社貸与の端末が前提としており、BYODは対象外。

対象企業はIT企業を想定しているが、セキュリティポリシーとチェックリストの改変は自由となっており、変更をくわえて一般の中小企業でも利用できる。

在宅勤務におけるセキュリティポリシーとして、「貸与端末、宅内LAN」「Active Directory」「VPN、その他通信」「ログ」「規程」「教育」の各項目ごとに策定。「規程」と「教育」については、実際に使用可能な規程内容や教育コンテンツを提示している。

そのほか、在宅勤務におけるセキュリティチェックリストも提供。テレワークに関する製品やサービスなども紹介している。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化