Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省

経済産業省は、太陽光発電の活用に関するアンケート調査で、調査票の誤送付が発生したことを明らかにした。住所と宛名にずれが生じたため、誤った宛先へ送られた。

同省によれば、博報堂に調査を委託している「太陽光発電設備の活用等に関するアンケート調査」において、再委託先である東京サーベイ・リサーチで作業ミスがあり、誤送付が発生したもの。

3月15日に2810件の調査票を送付したが、作業の過程で住所と宛名にずれが発生。2038件については、宛先不明として回収しているが、最大772件が誤った宛先に届いたと見られる。調査票の内容に関する個人情報は記載されていなかったとしている。

同省では委託先に対して厳重注意を実施。調査票の誤送付先に対して説明と謝罪を行い、回収を行うよう指示した。

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
不正アクセスでメアド流出、偽メール送信も - ゴルフ専門チャンネル
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
ファッション情報サイトに不正アクセス - 登録会員情報が流出か