Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし

埼玉県において、准看護師試験が開始される1時間半前から、同試験の解答を同県ウェブサイト上より閲覧できる状態だったことがわかった。

同県によれば、事故が発生したのは、2月18日に実施した准看護師試験。同日11時半ごろ、ウェブサイト内の製菓衛生師試験の正答欄に、同日13時実施予定だった准看護師試験の解答を含むPDFファイルを誤って掲載していた。

翌19日に外部から指摘があり問題が発覚。同県では正答欄のPDFファイルを差し替えた。

試験前に解答を確認できる状態だったが、准看護師試験が終了するまでに誤って掲載したファイルがアクセスされた履歴はのこっておらず、同県では試験結果に影響はないとしている。

今回の問題について同県では、試験終了後に行うべき作業を前倒しで行ったことや、チェック体制の不備があったとしており、作業手順や管理方法を見直す方針。

(Security NEXT - 2018/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター