Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず

宮城県食品輸出促進協議会のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。ランサムウェア「Ransomnix」との関連する英文が表示される状態だったという。

同県によれば、同協議会のウェブサイトが改ざんされ、アクセスすると「JIGSAW RANSOMNIX 2018」の英文とともに、金銭を要求する内容のページが表示される状態に陥ったもの。2月19日10時過ぎ、同県担当者が同サイトへアクセスした際、改ざんされていることに気が付いた。

サイトの管理業務を委託している事業者へ確認し、同日11時半にサーバが不正アクセスを受けていることが判明したため、同サイトを閉鎖した。

同サイトの閲覧者におけるマルウェア感染などの影響は確認されていないと説明。また同サイトは商品紹介などに利用されており、個人情報は含まれていないという。改ざんの原因については調査中としている。

(Security NEXT - 2018/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用