Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も

マイクロソフトは、2月の月例セキュリティ更新を公開した。CVEベースで50件の脆弱性を修正している。

20180214_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートでは「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のほか、「Office」「ChakraCore」に関する脆弱性に対処した。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が14件。次いで深刻度が高い「重要」が34件、続く「警告」が2件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、リモートよりコードを実行される脆弱性が18件含まれる。また「権限の昇格」「情報漏洩」「サービス拒否」「セキュリティ機能のバイパス」などに悪用されるおそれがある。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開