Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新

マイクロソフトは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリースされたことを受け、Windowsにおいて定例外のセキュリティ更新を公開した。

同社ブラウザ「Internet Explorer」や「Microsoft Edge」に同梱される「Adobe Flash Player」のアップデートを実施したもの。深刻度はいずれのプラットフォームにおいても「緊急」とされている。

「Adobe Flash Player」に関しては、2件の脆弱性「CVE-2018-4877」「CVE-2018-4878」が明らかになっており、後者に関しては、ゼロデイ攻撃で悪用されていることが判明している。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
「Samba」に脆弱性、アップデートがリリース
「Firefox 96」がリリース、脆弱性18件を修正 - CSRF対策も
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「WordPress」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
MS、独自修正5件含む「Microsoft Edge 97.0.1072.55」をリリース
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「VMware ESXi」などのCD-ROMエミュレーション機能に脆弱性
Google、「Chrome 97」をリリース - 37件のセキュリティ修正