Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用

同脆弱性の影響を受けるブラウザは、「Internet Explorer(IE)」のみであるとし、修正パッチを適用するまで、「Microsoft Edge」「Firefox」「Chrome」など「IE」以外のブラウザを使用するよう呼びかけている。

また信頼できないウェブサイトやメールの添付ファイルなどについて閲覧を禁止し、リンクを開かないよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
攻撃グループ「Lazarus」のマルウェア情報を公開 - JPCERT/CC
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ