Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集

総務省は、公衆無線LANセキュリティ分科会が取りまとめた報告書案について意見募集を実施している。

同報告書案は、公衆無線LANにおいて必要となるセキュリティ対策について検討したもの。現状の脅威や対策など踏まえた上で、セキュリティ対策の考え方、認証や暗号化などのあり方、普及策について言及している。

同報告書案に対する意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」やメール、ファックス、郵送にて受け付ける。意見の提出期限は2月21日。郵送の場合は、同日消印有効となる。

同省では、提出された意見を踏まえて3月を目途に報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も