Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供

NRIセキュアテクノロジーズは、「CrowdStrike Falcon」に対応した「マネージドEDRサービス」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、米CrowdStrikeのエンドポイントセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon」向けのマネージドサービス。24時間体制でSIEMによるエンドポイントの監視と分析を実施する。

また一時的に検知を逃れた潜在的な脅威に対しても能動的に洗い出しを行うほか、インシデント対応などを支援する。

同社では、同サービスの提供に先駆け、「CrowdStrike Falcon」の取り扱いを開始。製品の販売とともに、マネージドサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ