Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供

NRIセキュアテクノロジーズは、「CrowdStrike Falcon」に対応した「マネージドEDRサービス」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、米CrowdStrikeのエンドポイントセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon」向けのマネージドサービス。24時間体制でSIEMによるエンドポイントの監視と分析を実施する。

また一時的に検知を逃れた潜在的な脅威に対しても能動的に洗い出しを行うほか、インシデント対応などを支援する。

同社では、同サービスの提供に先駆け、「CrowdStrike Falcon」の取り扱いを開始。製品の販売とともに、マネージドサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス