Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都

東京都において、教職員向けの研修用資料を作成した際、個人情報を含んだ状態のまま、都内の教育委員会や都立学校長へメール送信していたことがわかった。

都によれば、職員が公立学校教職員向けの服務事故防止研修用資料を作成したが、個人情報がリンクされた状態で作成してしまったという。資料は、2017年11月29日より区市町村教育委員会や都立学校長など314カ所にメールで配布していた。

同資料においてそのまま個人情報を閲覧することはできないが、一定の操作後に服務事故における被処分者などの氏名や性別、年齢、所属のほか、処分や措置、指導の程度や事故の概要など1538件の個人情報を閲覧できる状態だった。

2017年12月25日に一部教育委員会から個人情報が閲覧できるとの指摘があり問題が発覚。都では、資料を送信した教育委員会や学校長に対し、問題の資料を削除して報告するよう指示。1月10日にすべて削除されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP