Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市

大阪市は、障害福祉サービスの給付内容通知書を、誤って別のサービス利用者へ送付していたことを明らかにした。

同市によれば、2017年12月25日に発送した障害福祉サービスの給付内容通知書1万8765件のうち、最大1000件の通知書で誤送付が発生したという。通知書には、受給者の氏名や受給者番号、給付内容などが記載されている。

同月27日、通知書の受領者から通知内容が利用実績と異なるとの指摘があり、確認を行ったところ、誤送付が判明した。同市では、対象者に謝罪し、誤った給付内容通知書を回収したうえで、正しい通知書を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社