Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も

マイクロソフトは、定例外でセキュリティ更新をリリースし、「Meltdown」「Spectre」への緩和策を提供したほか、32件の脆弱性を修正した。ただし、セキュリティ対策ソフトによっては、ブルースクリーンが生じるおそれがあるとし、互換性が確認された環境に限り、アップデートを配布する方針だ。

20180105_ms_001.jpg
マイクロソフトが公開したセキュリティアドバイザリ「ADV180002」

研究者より複数ベンダーのCPUに起因する脆弱性が報告されたことから、緩和策を用意し、緊急で公開したもの。

同問題以外にも、「Windows」や、同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」における深刻な脆弱性を解消している。

CPUに起因する脆弱性は、「Meltdown」「Spectre」などと名付けられており、「投機的実行サイドチャネル攻撃」を受けた場合、メモリ情報が漏洩するおそれがある。同社において悪用は確認されていない。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で