Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社

経営幹部や専門家などの人材紹介事業を展開するリクルートエグゼクティブエージェントの元従業員が、顧客情報を不正に持ち出していたことが明らかになった。

同社によれば、11月29日にログの調査を実施したところ、データの不正な持ち出しが明らかとなったもの。元従業員が、9月17日および23日に担当した顧客情報を私物のパソコンへ送信していたという。

持ち出された情報は、求職者に関する個人情報1163人分。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、出身校、勤務先、年収などが含まれる。さらに担当者情報1324人分をはじめ、求人を行っていた692社分の企業情報についても持ち出していた。

同社では、12月8日に同社システム担当者が立ち会いのもと、元従業員が持ち出したデータの消去を確認。私有パソコン以外への流出は確認されていないという。

今回の問題を受けて同社は、認定個人情報保護団体や厚生労働省へ事態を報告。関係者へ事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2017/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会