Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社

経営幹部や専門家などの人材紹介事業を展開するリクルートエグゼクティブエージェントの元従業員が、顧客情報を不正に持ち出していたことが明らかになった。

同社によれば、11月29日にログの調査を実施したところ、データの不正な持ち出しが明らかとなったもの。元従業員が、9月17日および23日に担当した顧客情報を私物のパソコンへ送信していたという。

持ち出された情報は、求職者に関する個人情報1163人分。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、出身校、勤務先、年収などが含まれる。さらに担当者情報1324人分をはじめ、求人を行っていた692社分の企業情報についても持ち出していた。

同社では、12月8日に同社システム担当者が立ち会いのもと、元従業員が持ち出したデータの消去を確認。私有パソコン以外への流出は確認されていないという。

今回の問題を受けて同社は、認定個人情報保護団体や厚生労働省へ事態を報告。関係者へ事情を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2017/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市