Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に

スマートフォン向けゲーム「駅奪取PLUS」において、ユーザー情報が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。セキュリティ設定のミスが原因だとしている。

同ゲームを提供するモバイルファクトリーによれば、11月8日から同月30日までの間、同ゲームのユーザー情報含む管理画面が検索結果に表示され、外部から閲覧可能な状態にあったという。

同ゲームでは、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」より取得している位置情報を使用しているが、ユーザー18人分の位置登録情報を閲覧された可能性があることが判明。位置情報は最長で過去3カ月分だとしている。

またこれら18ユーザーも含め、108人に関しては、ゲーム上でユーザー自身のみ参照できるゲームやアイテム購入の履歴、スコアなどが閲覧可能だった。そのほか、推定3650人において課金額を閲覧された可能性がある。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便