Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に

スマートフォン向けゲーム「駅奪取PLUS」において、ユーザー情報が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。セキュリティ設定のミスが原因だとしている。

同ゲームを提供するモバイルファクトリーによれば、11月8日から同月30日までの間、同ゲームのユーザー情報含む管理画面が検索結果に表示され、外部から閲覧可能な状態にあったという。

同ゲームでは、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」より取得している位置情報を使用しているが、ユーザー18人分の位置登録情報を閲覧された可能性があることが判明。位置情報は最長で過去3カ月分だとしている。

またこれら18ユーザーも含め、108人に関しては、ゲーム上でユーザー自身のみ参照できるゲームやアイテム購入の履歴、スコアなどが閲覧可能だった。そのほか、推定3650人において課金額を閲覧された可能性がある。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性