Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も

クリスマスシーズンに利用できるディスニーランドの入場チケットが当選したなどとだますメールが出回っている。メールにはマルウェアへ感染させようとするリンクが記載されていた。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、問題のメールでは、楽天と東京ディズニーランドの共催によるチケットの無料プレゼントに当選したなどと説明。

当選チケットを受け取るには、メールに記載のURLから登録テキストをダウンロードする必要があるとして、不正なファイルをダウンロードさせようとしていた。

メールの本文は、「ご抽選されて当たった!おめでとうございます」「無料プレゼントで、いずれの料金が必要なく、ご安心下さい」「クリスマスを前もっておめでとうございます」「真面目に住所またはE-mailをご記入ください」など、不自然な言い回しが目立つ。さらにまた、当選したチケットの枚数について「两枚」と中国語で記載されていた。

(Security NEXT - 2017/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
Apple、「macOS Big Sur 11.4」などセキュリティアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能