Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保

東京都信用金庫健康保険組合は、被保険者の個人情報が記載された書類を、誤って関係ない別の被保険者へ送付していたことを明らかにした。

同組合によれば、10月18日に送付した特定健康診査受診結果通知書において、誤送付が発生したもの。対象となるのは2事業所の11人分。十分に確認せず、誤って別の被保険者の書類を封入してしまったという。

10月20日に書類を受領した被保険者から連絡があり、問題が判明。発送したすべての被保険者へ問い合わせしたところ、11人に対して誤送付していたことが判明した。

同組合では対象となる被保険者と事業主を訪問して説明と謝罪を行うとともに、誤送付した書類を回収。関東信越厚生局に報告を行ったとしている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市