Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討

総務省は、公衆無線LANのセキュリティ対策について検討する「公衆無線LANセキュリティ分科会」を設置した。2017年度内をめどに検討結果を取りまとめる予定。

同省では、10月に公表した「IoTセキュリティ総合対策」を踏まえ、サイバーセキュリティタスクフォースに同分科会を設置したもの。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて公衆無線LANの普及が進む一方、関連したインシデントも懸念されることから、同分科会では公衆無線LANにおけるセキュリティ上の課題を整理。対策やセキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及についても検討する。

第1回会合を11月24日に予定しており、2017年度内をめどに検討結果を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2017/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言