Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員の個人情報含むPCが盗難被害 - 筑西遊湯館

筑西広域市町村圏事務組合が運営する健康増進施設筑西遊湯館で盗難が発生し、会員の個人情報含むパソコンが被害に遭った。

同館によれば、10月27日未明に発生した盗難事件において、パソコンが被害に遭ったもの。事件発覚後、警察へ被害届を提出したが、盗難物は発見されていない。

問題のパソコンには、会員の氏名や住所、電話番号が保存されていた。パソコンには複数のセキュリティ対策が講じられていると説明している。

(Security NEXT - 2017/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院