Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市

20171027_mc_001.jpg

群馬県前橋市は、個人情報照会システムを私的目的で利用したとして、職員に対し懲戒処分を行った。

同市によれば、都市計画部の職員が同窓会の案内状を作成するため、個人情報照会システムを使用。特定の個人の住所を閲覧し、同窓会の幹事に住所を提供していた。

同市ではこれを受け、10月24日付けで同職員に対し減給5分の1、5カ月間の懲戒処分を実施。また監督責任者の同部部長を訓告処分とした。

(Security NEXT - 2017/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民システムを不正閲覧、情報漏洩した職員を処分 - 平塚市
生徒情報漏洩でいじめが発生 - 宮城県教委が教員を処分
職員間トラブルで同僚住民票をシステムより不正取得 - 柴田町
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市