Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減

ソフトウェア製品の脆弱性93件を種類別に見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が50件でもっとも多く、「ルータ」が11件、「情報家電」が7件と続く。

脆弱性が悪用された場合に生じる脅威では、「任意のスクリプトの実行」が30件ともっとも多く、「任意のコマンドの実行(18件)」「情報漏洩(10件)」が続く。

同四半期に脆弱性の修正が完了し、「JVN」で公表したソフトウェア製品は90件。累計で1664件となった。「連絡不能開発者」としてあらたに製品開発者名を公表したものはなく、公表件数の累計251件は前四半期から変わらない。

一方、ウェブサイトに関する脆弱性28件を見ると、最多は「クロスサイトスクリプティング」の12件で、「HTTPSの不適切な利用」が3件だった。

同四半期に修正を完了した脆弱性は60件で、そのうち90日以内に修正が完了したのは33件。修正完了件数の累計は7082件。90日以内に修正が完了した累計件数は4646件で、修正完了件数に占める割合は66%と、2015年第3四半期以降変化はない。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース