Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構

環境再生保全機構は、NPOやNGOへの連絡メールで誤送信があり、助成金交付団体のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同機構によれば、10月11日10時過ぎ、2017年度の助成団体221団体に送信した連絡メールにおいて誤送信が発生したもの。送信先のメールアドレス292件を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

流出したメールアドレスのうち、50件に担当者の氏名が含まれていたという。同機構では対象となる団体に対し、同日中に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス