Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、委託先の近畿日本ツーリストにおいてメールの誤送信が発生し、講座受講者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、10月12日11時半ごろ、同大と東京都が実施している観光人材育成講座の申込者に送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。近畿日本ツーリストの担当者が送信先のメールアドレス25件を誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日に受信者から指摘があり誤送信が判明。近畿日本ツーリストでは対象となる申込者にメールと電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。また同大では、近畿日本ツーリストに対し再発防止の徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
元会員向けのメールで誤送信 - 神奈中スポーツデザイン
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
自転車観光事業でメール誤送信、職員が機能を勘違い - 佐賀県
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット