Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、委託先の近畿日本ツーリストにおいてメールの誤送信が発生し、講座受講者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、10月12日11時半ごろ、同大と東京都が実施している観光人材育成講座の申込者に送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。近畿日本ツーリストの担当者が送信先のメールアドレス25件を誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日に受信者から指摘があり誤送信が判明。近畿日本ツーリストでは対象となる申込者にメールと電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。また同大では、近畿日本ツーリストに対し再発防止の徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
イベント参加者への連絡メールで誤送信が発生 - 諏訪市
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
イベント参加者への案内メールで誤送信 - 産総研
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬