Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ

AOSデータは、個人情報を検出し、暗号化や削除が行えるソフトウェア「プライバシーディフェンダー」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内部に保存されたテキストベースの個人情報を検索し、暗号化や削除などを実施できるソフトウェア。検査結果のレポートはクラウド環境に保存される。

名前や住所、電話番号、メールアドレスのほか、マイナンバー、クレジットカード番号、パスポート番号、運転免許番号、口座番号といった文字列の検出に対応。スケジュール機能により、定期的な検索も可能で、管理者はファイルの状況を一元管理できる。

価格は、10ライセンスの5年版で16万2000円。個人情報ファイルの検索に限定した無償版も用意している。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載