Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市

大分県津久見市において、同市内に住む全世帯主の個人情報などが保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、罹災確認書や証明願いなど、台風18号に関する事務作業を行う際に利用するUSBメモリを紛失したもの。

USBメモリの内部には、全世帯主の氏名と住所のほか、台風18号の罹災状況に関する調査内容など、個人情報が保存されていた。現時点で、紛失したデータの不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀