Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市

大分県津久見市において、同市内に住む全世帯主の個人情報などが保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、罹災確認書や証明願いなど、台風18号に関する事務作業を行う際に利用するUSBメモリを紛失したもの。

USBメモリの内部には、全世帯主の氏名と住所のほか、台風18号の罹災状況に関する調査内容など、個人情報が保存されていた。現時点で、紛失したデータの不正利用などは報告されていないという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業