Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル

四国スバルは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、顧客の個人情報含む送受信したメールが不正に閲覧された可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月10日4時前から翌11日20時ごろにかけて、従業員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けた可能性があることが判明したもの。

対象となるメールアカウントには、スーツを購入した顧客128人および同社従業員24人の氏名や購入店舗、購入商品、購入金額のほか、取引先従業員24人の氏名、会社の住所と電話番号、メールアドレスなどの個人情報を含むメールが保存されていた。

9月11日20時ごろ、外部より不正アクセスされた痕跡を発見。メールシステムを停止した。メールデータの外部転送やダウンロードなどは確認されていないが、不正に閲覧され、画面をコピーされた可能性がある。

同社では、対象となる顧客に対して書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー