Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都

東京都において、農産物栽培協力者の個人情報が記載された名簿が所在不明となっている。

都によれば、8月29日に開催された種イモ選別会において、選別技術指導のために出席した農業振興事務所の職員が名簿を紛失したもの。同月31日に選別会の資料を確認したところ、名簿がないことに気が付いた。

問題の名簿には、イモ栽培協力者39人および4法人の氏名、住所、電話番号が記載されている。

選別会の開催中、名簿はクリアファイルに入れた状態で会場内に置かれていたが、以降の所在がわからないという。

都では、対象となる栽培協力者に説明と謝罪を行っているが、名簿の不正利用などは報告されていない。

(Security NEXT - 2017/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
自治会で市貸与の住民名簿が所在不明に - 福岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県