Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、「Windows Defender ATP」を活用したセキュリティ対策サービス

PwCサイバーサービスは、エンドポイント向けセキュリティ対策サービス「インシデントディテクション&リカバリーサービス」を提供開始した。

同サービスは、「Windows 10」のセキュリティ対策機能「Windows Defender ATP」を活用。エンドポイントにおける脅威の検知、分析、回復支援など、インシデント対応サービスを提供する。

またネットワーク機器のアラートを監視、分析するサービスや、過去にサイバー攻撃を受けた痕跡がないか調査、対処するメニューも用意した。

同社では、大手企業や官公庁に対して同サービスを展開。初年度に10件の契約を目指す。

(Security NEXT - 2017/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス