Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、「Windows Defender ATP」を活用したセキュリティ対策サービス

PwCサイバーサービスは、エンドポイント向けセキュリティ対策サービス「インシデントディテクション&リカバリーサービス」を提供開始した。

同サービスは、「Windows 10」のセキュリティ対策機能「Windows Defender ATP」を活用。エンドポイントにおける脅威の検知、分析、回復支援など、インシデント対応サービスを提供する。

またネットワーク機器のアラートを監視、分析するサービスや、過去にサイバー攻撃を受けた痕跡がないか調査、対処するメニューも用意した。

同社では、大手企業や官公庁に対して同サービスを展開。初年度に10件の契約を目指す。

(Security NEXT - 2017/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も