Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ

ネットブレインズは、UTMおよび運用支援サービスにサイバー保険をバンドルした「総合セキュリティパック」を提供開始した。

同サービスは、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのUTM製品「Firebox Tシリーズ」およびリモートによる運用支援サービスに、損害保険ジャパン日本興亜の損害保険を付帯したパッケージ。

同損害保険では、パッケージ導入環境下で生じた損害に起因し、提訴されたことによる損害賠償や、事故対応費用について、1事故あたり500万円を上限に補償する。また情報漏洩やそのおそれが生じた場合に、「緊急時サポート総合サービス」を利用できる。

利用人数が10人までの場合、UTMのベーシックなセキュリティ機能とATP Blockerのライセンスが付属する5年プランで95万7000円から。

(Security NEXT - 2017/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開