Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Foxit Reader」の脆弱性、アップデートで修正

PDFビューワーソフト「Foxit Reader」に2件の脆弱性が見つかった問題を受け、Foxit Softwareはアップデートをリリースした。

「Foxit Reader」および「PhantomPDF」に2件の脆弱性「CVE-2017-10951」「CVE-2017-10952」が判明したことから、同社ではぞれぞれ脆弱性を修正した「同8.3.2」をリリースしたもの。当初8月25日に公開予定としていたが、リリースは翌26日となった。

これら脆弱性に関し、当初同社では「保護モード(Safe Reading Mode)」を利用することで脆弱性の悪用を防げるとして修正しない方針を示していたが、Zero Day Initiative(ZDI)がゼロデイ脆弱性として公開後、方針を転換していた。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
「Ibexa DXP」「eZ Platform」に脆弱性 - PWハッシュ漏洩のおそれ
「Firefox 107」がリリースに - 脆弱性19件を解消
「Samba」のPAC処理にバッファオーバーフローの脆弱性