Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大

昭和女子大学の教員が、学生の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

同大によれば、教員が使用していたUSBメモリを紛失していることが、7月8日に判明したもの。問題のUSBメモリには、同教員が担当している一部科目の履修者の氏名や学籍番号のほか、出席状況や成績評価、授業課題などの個人情報のべ350件が保存されていた。USBメモリや内部のデータに、セキュリティ対策は講じていなかったという。

7月7日、非常勤講師を務める大学の端末でUSBメモリを使用。その後同大の研究室のパソコンで作業を行ったが、翌8日に紛失へ気付いたという。関係先の捜索を行うとともに、警察や交通機関に遺失物の届け出を行ったが、発見されていない。

同大では、対象となる学生および卒業生に対し、事情を説明し、謝罪する内容の書面を送付している。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
再委託先が個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 愛知県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大