Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス

ソフトバンク・テクノロジーは、取引先情報を含む検証用のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。情報が外部へ流出した可能性もあるとし、詳細について調査を進めている。

不正アクセスを受けたのは、保守契約管理システムを検証するためのサーバ。取引先4071社分の情報が保存されており、企業名、担当者名、電話番号、メールアドレスなど1万2534件が含まれる。

20170724_st_001.jpg
対応の経緯(表:ソフトバンク・テクノロジー)

同社によれば、内部ネットワークにおいて、7月17日に仮想通貨を採掘するマルウェアを検出。

同マルウェアの挙動を調べたところ、問題のサーバに対してアクセスを行っており、保存されていた取引先情報へ攻撃者がアクセスできる状態に置かれていたことが判明した。

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド