Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス

ソフトバンク・テクノロジーは、取引先情報を含む検証用のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。情報が外部へ流出した可能性もあるとし、詳細について調査を進めている。

不正アクセスを受けたのは、保守契約管理システムを検証するためのサーバ。取引先4071社分の情報が保存されており、企業名、担当者名、電話番号、メールアドレスなど1万2534件が含まれる。

20170724_st_001.jpg
対応の経緯(表:ソフトバンク・テクノロジー)

同社によれば、内部ネットワークにおいて、7月17日に仮想通貨を採掘するマルウェアを検出。

同マルウェアの挙動を調べたところ、問題のサーバに対してアクセスを行っており、保存されていた取引先情報へ攻撃者がアクセスできる状態に置かれていたことが判明した。

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
寿司のテイクアウト予約サイト、クレカ情報流出の可能性 - ECシステムに不正アクセス
ジュエリー通販サイトからクレカ情報流出 - 不正利用された可能性
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル