Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、Bitcoinの分岐危機に関して、7月23日にソフトフォークが発生することを受け、受け入れや引き出し受付など取引の停止を当初より前倒しすると発表した。

プロトコルの分岐について、当初予想されたソフトフォークが7月23日に発生することになったことから、同協会加盟業者13社における受入や引出受付といった取引の停止措置についても、ソフトフォークの発生前に実施するもの。

またハードフォークによる分岐についても、8月1日に発生する可能性が引き続きあるとしており、分岐すればあらたに形成されるブロックチェーンによって「Bitcoin」と同等数のあらたな仮想通貨「Bitcoin Cash」が派生すると見られている。

「Bitcoin Cash」の帰属や取り引きといった取り扱いについては、同協会の各会員の規約で定められるとし、顧客へアナウンスなど実施するよう同協会では会員企業へ求めている。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DMM Bitcoinから約482億円分の暗号資産が流出 - 全額保証の方針
流出「Bitcoin」の保証に向けた資金調達計画を発表 - DMM Bitcoin
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
警察庁が開発した「Lockbit」復旧ツール、複数被害で回復に成功
「LockBit」にあらたなリークサイト - ブランド回復に躍起
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収