Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、Bitcoinの分岐危機に関して、7月23日にソフトフォークが発生することを受け、受け入れや引き出し受付など取引の停止を当初より前倒しすると発表した。

プロトコルの分岐について、当初予想されたソフトフォークが7月23日に発生することになったことから、同協会加盟業者13社における受入や引出受付といった取引の停止措置についても、ソフトフォークの発生前に実施するもの。

またハードフォークによる分岐についても、8月1日に発生する可能性が引き続きあるとしており、分岐すればあらたに形成されるブロックチェーンによって「Bitcoin」と同等数のあらたな仮想通貨「Bitcoin Cash」が派生すると見られている。

「Bitcoin Cash」の帰属や取り引きといった取り扱いについては、同協会の各会員の規約で定められるとし、顧客へアナウンスなど実施するよう同協会では会員企業へ求めている。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査