Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに複数の脆弱性へ対処したセキュリティアップデート「iOS 10.3.3」をリリースした。

今回のアップデートでは、カーネルに関する脆弱性9件やWebKitに関連する24件の脆弱性など複数の脆弱性へ対処。

メッセージや電話、通知、音声処理、Safari、Wi-Fiほか、あわせて47件の脆弱性を修正したという。

今回対応した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-2517
CVE-2017-7006
CVE-2017-7007
CVE-2017-7008
CVE-2017-7009
CVE-2017-7010
CVE-2017-7011
CVE-2017-7012
CVE-2017-7013
CVE-2017-7018
CVE-2017-7019
CVE-2017-7020
CVE-2017-7022
CVE-2017-7023
CVE-2017-7024
CVE-2017-7025
CVE-2017-7026
CVE-2017-7027
CVE-2017-7028
CVE-2017-7029
CVE-2017-7030
CVE-2017-7034
CVE-2017-7037
CVE-2017-7038
CVE-2017-7039
CVE-2017-7040
CVE-2017-7041
CVE-2017-7042
CVE-2017-7043
CVE-2017-7046
CVE-2017-7047
CVE-2017-7048
CVE-2017-7049
CVE-2017-7052
CVE-2017-7055
CVE-2017-7056
CVE-2017-7058
CVE-2017-7059
CVE-2017-7060
CVE-2017-7061
CVE-2017-7062
CVE-2017-7063
CVE-2017-7064
CVE-2017-7068
CVE-2017-7069
CVE-2017-8248
CVE-2017-9417

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正