Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AssetView for MacOS」の一部サーバ側モジュールに複数脆弱性

ハンモックの「AssetView for MacOS」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同9.2.0」以前において、クライアント管理に用いるサーバ側モジュール「ファイル転送Webサービス」に複数の脆弱性が含まれていることが判明したという。

「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2241」や「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2017-2240」が存在。悪用されるとサーバのデータベースを不正に操作されたり、サーバ上のデータを窃取されるおそれがある。

同脆弱性は、リクルートテクノロジーズの西村宗晃氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。

ハンモックでは脆弱性を修正するホットフィクスをリリース。対象となるバージョンを利用している利用者へ適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性