Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業

NTTアドバンステクノロジとディアイティは、サイバーセキュリティ分野で協業した。

今回の協業を通じ、ditによる支援のもと、NTT-ATでは顧客環境のセキュリティへワンストップで対応するセキュリティプラットフォームを提供する。

具体的には、SOCやCSIRTの関連サービスをはじめ、担当者向けに脅威や脆弱性情報のポータルサイトやセキュリティ講座を提供。顧客を支援する会員制サービスを展開する。

またネットワークやエンドポイントセキュリティの監視サービスや、マルウェア感染の有無、影響範囲などを調査するリモートフォレンジックサービスを提供。今回の協業により、今後3年間で30億円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
サイバー攻撃による事業停止を想定したBCPのコンサルサービス
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure