Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供

バッファローは、同社製の外付けハードディスクおよびポータブルハードディスク向けの故障予測サービス「みまもり合図」を提供開始した。

同サービスは、パソコンに接続されている外付けハードディスクの健康状態を判定して、その結果を通知するもの。

対象ハードディスクを接続するパソコン向けに無料のクライアントソフトウェアを提供。「S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)」の情報をクラウドに蓄積し、監視することで故障の前兆を検知する。ソフトはWindowsおよびMac OS向けに用意した。

劣化が進行した場合や故障するおそれがある場合は、サポート窓口を案内。新しいハードディスクへ移行する有償サービスなどを提供する。

(Security NEXT - 2017/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
東芝製HDD向けパスワードツールの脆弱性修正版がリリース
東芝製HDD向けパスワードツールに脆弱性 - 更新版提供までアンインストールを
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
映画試写会応募者情報含むHDDを紛失 - 北海道文化放送
県立校生徒会室で個人情報入りHDDが所在不明に - 埼玉県
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇