Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供

バッファローは、同社製の外付けハードディスクおよびポータブルハードディスク向けの故障予測サービス「みまもり合図」を提供開始した。

同サービスは、パソコンに接続されている外付けハードディスクの健康状態を判定して、その結果を通知するもの。

対象ハードディスクを接続するパソコン向けに無料のクライアントソフトウェアを提供。「S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)」の情報をクラウドに蓄積し、監視することで故障の前兆を検知する。ソフトはWindowsおよびMac OS向けに用意した。

劣化が進行した場合や故障するおそれがある場合は、サポート窓口を案内。新しいハードディスクへ移行する有償サービスなどを提供する。

(Security NEXT - 2017/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
複数新潟県立校で「Emotet」感染 - 「高野連」名乗るメールなどで
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
HISベトナム法人で顧客情報流出の可能性 - パスポート情報なども
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス