Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供

大阪商工会議所は、中小企業向けサイバー攻撃対策支援事業を7月5日より開始する。月額料金は500円。

同事業は、同会議所および関西商工会議所連合会加盟会議所の会員向けにサイバー攻撃対策サービスを提供するもの。ウェブサイトのパトロール、相談窓口、セキュリティ人材の育成サービスで構成されている。

パトロールには、神戸大学協力のもと開発したシステムを活用。中小企業のウェブサイトに対し、トップページを含む2階層まで毎日2回のパトロールを実施。改ざんやサービス停止が発生していた場合は企業の担当者へ連絡する。ただし、対応時間は営業日の9時から17時となり、時間外の場合は翌営業日に通知する。

また予約制の相談窓口では、神戸大学や協力会社から派遣された専門スタッフが対応。さらに人材育成としてサイバーセキュリティに関する啓発セミナーを実施していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府