Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供

大阪商工会議所は、中小企業向けサイバー攻撃対策支援事業を7月5日より開始する。月額料金は500円。

同事業は、同会議所および関西商工会議所連合会加盟会議所の会員向けにサイバー攻撃対策サービスを提供するもの。ウェブサイトのパトロール、相談窓口、セキュリティ人材の育成サービスで構成されている。

パトロールには、神戸大学協力のもと開発したシステムを活用。中小企業のウェブサイトに対し、トップページを含む2階層まで毎日2回のパトロールを実施。改ざんやサービス停止が発生していた場合は企業の担当者へ連絡する。ただし、対応時間は営業日の9時から17時となり、時間外の場合は翌営業日に通知する。

また予約制の相談窓口では、神戸大学や協力会社から派遣された専門スタッフが対応。さらに人材育成としてサイバーセキュリティに関する啓発セミナーを実施していく。

(Security NEXT - 2017/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
申請書を外部施設に誤ってわたすミス - 横須賀市社会福祉事業団
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
DV被害者情報が加害者に流出、一時的な制限解除がそのままに - 薩摩川内市
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委