Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中

日本郵便が6月より開始したネットオークション利用者向けの新サービス「e発送サービス」において障害が発生し、コンビニエンスストアから荷物の発送ができない状態となっている。

同サービスは、フリマアプリやネットオークションなど個人間の取引において、送り状の発行や配送料金の支払いなどを簡略化するもので、6月20日より提供している。

同社によると、ローソン店舗に設置されている端末「Loppi」による送り状の印刷ができない障害が、28日16時ごろ発生。同サービスによる荷物の発送ができない状態となっている。

障害の原因は調査中だが、日本郵便側の問題だという。Loppiとのシステム連携を休止して、復旧作業を進めているが、現時点で復旧のめどは立っていない。

郵便局に設置されている送り状発行用端末「ゆうプリタッチ」については同様の障害は発生しておらず、通常どおり発送できるという。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
サイバー攻撃受け障害、従業員情報流出の可能性 - パルグループHD
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
データが暗号化被害、業務継続や復旧に向けて情報を収集 - 駒井ハルテック
サイバー攻撃が原因と見られるシステム障害 - 駒井ハルテック
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA