Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中

日本郵便が6月より開始したネットオークション利用者向けの新サービス「e発送サービス」において障害が発生し、コンビニエンスストアから荷物の発送ができない状態となっている。

同サービスは、フリマアプリやネットオークションなど個人間の取引において、送り状の発行や配送料金の支払いなどを簡略化するもので、6月20日より提供している。

同社によると、ローソン店舗に設置されている端末「Loppi」による送り状の印刷ができない障害が、28日16時ごろ発生。同サービスによる荷物の発送ができない状態となっている。

障害の原因は調査中だが、日本郵便側の問題だという。Loppiとのシステム連携を休止して、復旧作業を進めているが、現時点で復旧のめどは立っていない。

郵便局に設置されている送り状発行用端末「ゆうプリタッチ」については同様の障害は発生しておらず、通常どおり発送できるという。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
申請書を外部施設に誤ってわたすミス - 横須賀市社会福祉事業団
サーバなどにサイバー攻撃、番組供給には影響なし - 日本ケーブルテレビジョン
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
Linuxに権限昇格の脆弱性「Leeloo Multipath」が判明 - パッチの適用を
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町