Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール

カスペルスキーは、ランサムウェア「Jaff」によって暗号化されたファイルを復号するための無償ツールを提供している。

同社では、6月7日から翌8日にかけて、ランサムウェア「Jaff」の亜種が添付されたスパムメールの拡散を確認。なかでも日本における検知件数が突出して多いとして、注意喚起を行っている。

同ランサムウェアは、ファイルの暗号化にあたり、「.jaff」「.wlu」「.sVn」などの拡張子を追加するのが特徴。同社では、ランサムウェアの被害者向けに提供している復号化ツール「Rakhni Decryptor」の機能を強化し、同ランサムウェアによる暗号化へ対応した。

同ツールは、ランサムウェア対策プロジェクトである「NO MORE RANSOM」より無償でダウンロードすることができる。同ツールでは、「Jaff」以外にも、以下のランサムウェアにより暗号化されたファイルの復号化に対応している。

XData
AES_NI
Dharma
Crysis
Chimera
Rakhni
Agent.iih
Aura
Autoit
Pletor
Rotor
Lamer
Lortok
Cryptokluchen
Democry
Bitman(TeslaCrypt) version 3
Bitman(TeslaCrypt) version 4

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク