Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市

熊本県荒尾市は、住民情報システムを不正に利用して取得した情報をもとに、別の職員に対してストーカー行為を行ったとして、職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、同職員は日ごろより住民情報システムを不正に利用し、複数の同市職員の個人情報を取得。それら情報をもとに女性職員の行動を監視、記録するなどストーカー行為を行っていたという。

同市ではこれを受け、地方公務員法や同市規定に基づき、同職員に対して6月12日付けで免職とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA