Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先技、カード決済のP2PE分野でセキュリティ評価機関に

NTTデータ先端技術は、クレジットカード決済における暗号化ソリューション(P2PE)の評価機関として、「QSA」および「PA-QSA」に認定されたと発表した。

PCI SSC(PCI Security Standards Council)より、同分野の「QSA」「PA-QSA」の認定を受けたもの。従来、国内においてP2PEアプリケーションの評価を行う「PA-QSA」が存在せず、海外で評価を受ける必要があったが、今回国内ではじめて認定を受けたという。

今後同社では、P2PEのソリューションやコンポーネント、アプリケーションなどを提供するプロバイダやベンダーに対して、インタビューやシステム設定調査の審査などサービスを提供していく。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Hypervisor」「XenServer」に脆弱性 - ホットフィクスが公開
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加