Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Portrait Displays SDKの利用アプリに脆弱性 - コード実行のおそれ

Portrait Displaysが提供する「Portrait Displays SDK」を使用して作成されたアプリケーションに脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが公開されており、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同開発キットのデフォルト権限設定に脆弱性「CVE-2017-3210」が存在。作製したアプリケーションにおいて、管理者権限を持たないユーザーによってシステム権限で任意のコードを実行されるおそれがある。

「同2.34」から「同2.30」までのバージョンを用いて開発したアプリケーションに影響があり、同社では、影響を受けるアプリケーションに対するパッチをリリースした。

また「Fujitsu DisplayView Click」「同Suite」「HP Display Assistant」「HP My Display」「Philips Smart Control Premium」などが影響を受けることが判明しており、修正版がリリースされている。

(Security NEXT - 2017/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施