Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多

情報処理推進機構(IPA)は、2017年第1四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。あらたに登録された脆弱性情報は2867件で、前四半期の1571件を大幅に上回った。

20170427_ip_001.jpg
登録件数の状況(表:IPA)

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報や米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されている。

2017年第1四半期に登録されたあらたな脆弱性情報は2867件。内訳は、国内製品開発者による登録情報が1件、「JVN」の掲載情報が267件、「NVD」の情報が2599件だった。NVDからの登録情報が前四半期の1453件から1000件以上増加したため、登録件数全体が押し上げた。

登録開始からの累計登録件数は6万7485件。また英語版には48件の登録があり、累計件数は1636件となった。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正