Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第4次行動計画(案)」に対する意見募集の結果を公表した。寄せられた20件の意見を踏まえたうえで、同計画を決定した。

同計画は、官民連携により、重要インフラサービスの安全かつ持続的な提供の実現を目的としたもの。具体的には、安全基準の継続的改善や、情報共有体制の強化、障害対応体制の強化、リスクマネジメントや対処体制の整備、防護基盤の強化などを盛り込んでいる。

同センターではパブリックコメント案を公開し、1月から2月にかけて意見を募集。今回、9団体や個人から寄せられたのべ20件の意見を検討し、考え方を示すとともに一部修正や追記を実施。4月18日に開催されたサイバーセキュリティ戦略本部第12回会合において、同計画を決定した。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化